wiki:WikiStart

Version 3 (modified by kakutani, 14 years ago) (diff)

--

Quick JUnit Plugin for Eclipse

試験的に導入しています。うまくいったら、 http://quick-junit.sourceforge.jp/ から移行します。

NEWS

  • 2008/04/25: Quick-Junitプロジェクトに こんぴろ をプロジェクト管理者として迎えました。現在、メーリングリストで今後の開発体制を議論しています。

Quick JUnitプラグインについて

Quick JUnitプラグインEclipseのプラグインです。JUnitの起動およびテストコードと実装コード間のエディタ切り替えを簡単に行えるようにします。

Quick Junitプラグインのオリジナル版は2003年に故石井勝(masarl)さんによって作成・公開されました。

現在はQuick JUnitプラグイン・プロジェクトが開発を行なっています。

動作環境

マイナーバージョン番号の違いが、ターゲットとするEclipseのバージョンが異なることを表わしています。

  • 0.4.x: Eclipse 3.2.x
  • 0.3.x: Eclipse 3.1.x
  • 0.1.x: Eclipse 3.0.x
  • 0.0.4: Eclipse 2.1.x

ダウンロードとインストール

Eclipseの「ソフトウェア更新」を利用する(推奨)

Quick JUnit Plugin 0.1.0からEclipseのソフトウェア更新に対応しました。

ヘルプ」→「ソフトウェア更新」→「検索とインストール」で、以下のURLをリモートサイトに追加してください。 Eclipseのバージョンによって、指定するURLが異なります。

プラグインZIPアーカイブを利用する

sf.jpのQuick JUnitプラグイン・プロジェクトで配布しています。

0.0.4からの移行方法

Eclipseのインストールディレクトリを$ECLIPSEとします(例: c:\eclipse)。

  1. Eclipseが起動していないことを確認します。
  2. $ECLIPSE_HOME/plugins にある以下の2ディレクトリを削除します:
    • junit.extensions.eclipse.quick_0.0.4
    • junit.extensions.eclipse.quick.pde_0.0.4 (あれば)
  3. Eclipseのソフトウェア更新を使用して、新しいバージョンをインストールしてください。

基本的な使い方

石井さんによるオリジナルの文書を参照してください。 0.0.4時点の解説ですが、基本的な使い方は変わっていません。

SVNリポジトリ

http://sourceforge.jp/cvs/?group_id=1617">チェックアウト / 閲覧 / コミット内容のメール通知

メーリングリスト

quick-junit-devel@lists.sourceforge.jp

メーリングリストはいまのところ一つだけです。開発者/ユーザー共用です。

ライセンス

CPL1.0です。

更新履歴

0.4.0

  • JUnit4のテストケースを実行できるようにしました(Thanks to 岩永さん)。
  • Eclipse3.2に対応しました(Thanks to きむきむさん)。

0.3.0.1

  • J2SDK1.4で動作しない問題を修正しました。

0.3.0

  • !TestSuiteを実行できるようにしました。
  • JUnit Plug-inテストの実行/デバッグにキーバンドを以下のように割り当てました。
    • JUnit Plug-in テスト:Ctrl + -
    • JUnit Plug-in デバッグ:Shift + Ctrl + -

0.2.0

  • Eclipse3.1に対応しました。Eclipse3.1への対応はkoichikさんが行ってくださいました。ありがとうございます。
  • 更新サイトのURLが変更になりました。新しいURLは「 http://quick-junit.sourceforge.jp/updates/3.1/ 」です。
  • デフォルトのキーバインドを次のように変更しました。
    • テスティングペアを開く: Ctrl + 9
    • JUnit テスト:Ctrl + 0
    • JUnit デバッグ:Shift + Ctrl + 0

0.1.1

  • ネストクラス、匿名クラス上にエディタのカーソルがポイントされている状態でのテスト実行に対応しました。koichikさん、ありがとうございます。

0.1.0

  • Eclipse 3.0.x に対応しました。
  • Eclipseの「ソフトウェア更新」を利用できるようにしました。
  • 対応するテスティングペアが存在しない場合に、テスティングペア作成を促すダイアログを出すようにしました。
  • 「テスティングペアを開くときにエディタを分割する」機能を廃止しました。
  • Quick JUnitとQuick PDE JUnitをfeatureとして一つにまとめました(Eclipse 3.0からPDE JUnitが標準添付されるようになったことを受けて)。
  • このリリースをmasarlさんとの思い出に捧げます。

過去のお知らせ

  • 2007/04/25: 0.4.0をリリースしました。JUnit4のテストケースの実行とEclipse3.2に対応しました。
  • 2006/04/26: 0.3.0.1をリリースしました。J2SDK1.4で動作しない問題を修正したビルドです。
  • 2006/04/25: 0.3.0をリリースしました。変更点は「変更履歴」を参照してください。
  • 2005/07/13: Eclipse3.1に対応したバージョン 0.2.0をリリースしました。変更点は「変更履歴」を参照してください。
  • 2005/06/01: バージョン 0.1.1をリリースしました。変更点は「変更履歴」を参照してください。

Quick JUnitプラグイン・プロジェクトについて

Quick JUnitプラグイン・プロジェクトは、石井さんのご遺族の許可を得て、Quick JUnitプラグインを引き継ぎ、開発を続けています。

石井さんによるオリジナルの文書は、森さん/助田さんがミラーしているサーバに保管されています。

Copyright © 2003-2008 Masaru Ishii,The Quick JUnit Plugin Project.
SourceForge.jp