Ticket #17 (closed defect: fixed)

Opened 11 years ago

Last modified 11 years ago

Parameterizedなテストを個別実行できない

Reported by: kompiro Owned by: kompiro
Priority: high Milestone: 0.6.0
Component: quick-junit Version: 0.5.0
Severity: normal Keywords:
Cc:

Description

Quick JunitでParameterizedなテストを実行したときの動作についての報告です。

Helios(MacOS X 64bit)で 添付ファイルのようなテストを実行したとき、

(1)テストクラス全体を実行→正常終了(グリーンバー) (2)テストメソッド個別で実行(テストメソッドにカーソルを当てて実行) →以下の通り例外となります。

Parameterizedなテストクラスの時にテストメソッドを複数用意することって あまりないので実害は少ないが困っている。

Attachments

ParameterTest.java (635 bytes) - added by kompiro 11 years ago.

Change History

Changed 11 years ago by kompiro

comment:1 Changed 11 years ago by kompiro

  • Owner changed from somebody to kompiro
  • Status changed from new to assigned

残念ながらParameterizedテストをメソッド単体での実行をJUnitがサポートしていません。確認方法は、

	 public static void main(String[] args) {
		JUnitCore core = new JUnitCore();
//		Request request = Request.aClass(ParameterTest.class);
		Request request = Request.method(ParameterTest.class,"testname");
		Result result = core.run(request);
		System.out.println(result.wasSuccessful());
	}

を添付ファイルのParameterTest.javaに追加して実行しました。 Request.methodは、かなり端折った説明ですが、メソッド指定の場合に実行されるRequestです。 このRequestはEclipse内でJUnitの起動で利用されるRemoteTestRunner内で使われます。 (Eclipseとは別プロセスでJUnitが実行され、TCP/IPで一つ一つのテストの実行結果を通信して表示します。

そのためのランチャーがRemoteTestRunnerです。)

Quick JUnitでこのチケットのサポートの実現を検討した場合、JUnit側の機構とは別の機構での起動が必要です。 申し訳ないですが、個別起動は0.6.0でのサポートを見合わせます。

その代わりに、0.6.0ではParameterizedがついているテストの場合、全テストの実行を行うランチャのみ サポートとしたいと思います。

comment:2 Changed 11 years ago by kompiro

  • Status changed from assigned to closed
  • Resolution set to fixed

対応しました。

Note: See TracTickets for help on using tickets.